資料請求・デモ依頼・お問い合わせはこちらから
院長 伊藤 睦子先生

インタビュー時ver./
iTICKET plus
導入年月/2005年2月
運用形態/2診制

順番予約の場合は制限がなく
何人でも診療がこなせる

院長 伊藤 睦子先生

いとう眼科 (茨城)
眼科

土日は平日の約2倍のペース

開業されたのはいつになりますか?

1998年です。開業前は茨城市内で勤務医として勤めていました。 勤務医時代の予約システムは、札のようなものを渡して順番に予約をとっていましたが、大変そうでしたね。

1日の患者数は、多いときで160人/日、比較的混まない季節でも120~130人/日が訪れます。 午後は特に学生さんの駆け込みが多いですね。学校が終わってから訪れるケースが多いため、こちらもラフに構えて、少しくらい遅れてもOKとしています。土曜日は混みますので、午前だけの診療に120人の患者さんが訪れます。平日の約二倍のペースになりますね。

きっかけは息子のすすめ

アイチケットの導入を検討されたきっかけは?

息子のすすめです。 息子が私の知り合いの皮フ科を訪れた際、そこで導入されていたアイチケットのシステムを知り、「あのシステムはいいよ!」ということですすめられたのがきっかけです。

全体的なキャパシティも広がるという理由で
順番予約を選択

予約システムにおいて『順番予約』を選択された理由は?

眼科は検診などを含め、突発的な診療が多く、時期によっても差があります。 1人にかかる診療時間は頻繁に通院している方だと1分以内という場合もあるし、 初診の場合は数十分かかります。 時期的には2月~8月は検診などで比較的混む時期で、9月~1月は花粉症などがあるものの、比較的すいている時期だといえます。 人によっても時期によってもマチマチなため、時間予約にするか順番予約にするか迷いましたが、順番予約の場合は制限がなく何人でも診療がこなせるということと、全体的なキャパシティも広がるという理由で順番予約を選択しました。 手術に関しては、まったく外来とは関係ない時間帯に行いますので、予約制として、アイチケットとは関係なく受診していただき、アイチケットの番号も取らずに時間予約としています。
また、説明などお話などで時間のかかる患者さんや処置(小手術)の必要な患者さんの診察に関しては、アイチケットを「処置中」の表示にしています。

お孫さんが携帯で予約をとってくれるケースも
多いようです

アイチケットの反応などはいかがですか?

コンタクトの検診を行うため、患者層は10代の中学・高校生かお年寄りが多く、中間層が少ないのが特徴です。学生さんの割合は全体の約20%程度でしょうか。学生さんにとって、携帯の予約はまったく問題がないようですね。またお年寄りについては「孫がコンタクトをつくるから、おじいちゃんの白内障も…」とすすめられたなど、お孫さんが携帯で予約をとってくれるケースも多いようです。また、娘が守谷市にいるからとわざわざ通う方もいらっしゃいます。待ち時間については、こちらがあまり律儀に順番を進めすぎると、逆に怒られることもあります(笑)。

家族ぐるみで通院されているケースも少なくありません

地域のホームドクターのような存在ですね

そうですね。守谷市はつくばエクスプレス開通の影響もあり、新しく居住するファミリーも多いため、家族ぐるみで通院されているケースも少なくありません。

患者さんのなかには斜視や弱視などで、長期間にわたる訓練がともなう子供もいます。そのような場合は気楽に通院してもらえるよう、お母さんと一緒に遊べるキッズルームをつくりました。

アイチケットを見学に来られて、時間予約から順番予約に変更された方も

周辺には医院が多いようですが、地域の先生同士でコミュニケーションをとられたりすることはあるのでしょうか?

眼科は内科や脳神経外科といったところとの関連もあるため、コミュニケーションはとっていますね。近所の小児科の先生のなかには、アイチケットを見学に来られて、時間予約から順番予約に変更された方もいらっしゃるんですよ。

患者数は現在もまだまだ増えている状態

最後に先生のモットーなどがございましたら、教えていただけますか?

開業して10年たちますが、患者数は現在もまだまだ増えている状態です。 たとえ、いくら大きな看板を出したとしても、信頼を得ていなくてはダメなのだと思います。

アイチケットを導入されているドクターの声

[ 小児科 ]

患者さんが使うものなので
患者さんにとって
使いやすいのが一番

院長 隠岐 直紀先生
まず小児科は感染症の割合が多いため、院内感染を防ぐという目的がありました。診療所に隔離部… 続きを読む >
院長 隠岐 直紀先生/おき医院 (東京)
[ 皮膚科 ]

導入の決め手は
シンプルさと
快適な操作性

院長 里見 久恵先生
実際にデモを体験したのですが、とにかくシンプルで使いやすかったので導入を決めました。操作… 続きを読む >
院長 里見 久恵先生/さとみ皮膚科クリニック (千葉)
[ 耳鼻咽喉科 ]

システムの使いやすさと
サポート体制・スピードに
満足しています

院長 藤峰 武克先生
透明性の高い、インターネットでも院内でも、ご自身の番号が分かるようなシステムはないか、と… 続きを読む >
院長 藤峰 武克先生/戸田耳鼻咽喉科 (埼玉)
[ 小児科 ]

導入からわずか3週間
1日400人を超える来院者の
診療もスムーズに対応

院長 内田 智子先生
以前使っていた別の予約システムがサポート中止となり、新たに予約システムを検討する際、知り… 続きを読む >
院長 内田 智子先生/内田こどもクリニック (福岡)
[ 内科、アレルギー科、泌尿器科、在宅医療 ]

混雑していても
待ち状況がわかるから
クレームが緩和されました

院長 齊藤 純先生
当院は昨年開院したのですが、インフルエンザワクチン接種の時期に予約が殺到しまして、スタッ… 続きを読む >
院長 齊藤 純先生/さいとう内科クリニック (大阪)
[ 眼科 ]

文章や写真は、すべて
プロにおまかせで簡単
運用の安心感も

院長 千葉 奈緒子先生
元々、ホームページは持っていたのですが、お知らせの更新ぐらいの簡単な作業でも制作会社に依… 続きを読む >
院長 千葉 奈緒子先生/荻窪眼科 (東京)
[ 小児科、内科、小児外科、アレルギー科 ]

待ち時間のクレームが
無くなり導入後1年で、
患者数が最大116%に増加

院長 榎本 信哉先生
クリニックの運用を改善し患者の不満を軽減しよう!そう思って、診療予約システムの導入を決め… 続きを読む >
院長 榎本 信哉先生/えのもとクリニック (埼玉)
[ 耳鼻咽喉科 ]

スタッフにもゆとりが
生まれ医院の雰囲気が
よくなりました

院長 宗 永元先生
アイチケット導入のきっかけは、待ち時間を短縮することで、悩んでいた多くの問題が解決する、… 続きを読む >
院長 宗 永元先生/いなげ耳鼻咽喉科 (千葉)
[ 循環器内科 ]

ご高齢の患者さんも満足
みんなに公平だから
安心して利用できます

院長 武智 紀一先生
当院はご高齢の患者さんが多いので、「お年寄りに長時間待っていただくのは申し訳ない」という… 続きを読む >
院長 武智 紀一先生/武智診療所 (京都)
[ 整形外科 ]

コミュニケーションの時間を
確保するためにも
診察全体の効率化は必須

院長 高野 勇人先生
当院では「今の痛みをどうにかして欲しい」「詳しく検査をして欲しい」といった、患者さんごと… 続きを読む >
院長 高野 勇人先生/たかの整形外科 (東京)
[ 眼科 ]

アイチケットと
連動したHPだから
運用管理がスムーズ

院長 良田 夕里子先生
以前からホームページを作りたいと思っていましたが、知人からホームページ業者とのトラブルを… 続きを読む >
院長 良田 夕里子先生/良田眼科 (東京)
[ 皮膚科 ]

進捗状況がわかるのは
心理的な面でも
メリットが多い

院長 古谷野 妙子先生
医師向けの雑誌でアイチケットを導入していた医院(ももだ耳鼻咽喉科)の事例紹介を読み、直感… 続きを読む >
院長 古谷野 妙子先生/こやの皮フ科 (千葉)
[ 皮膚科 ]

シンプルな操作画面と
見やすい院内表示、
それがアイチケットでした

院長 谷口 友則先生
以前勤務していた病院では、番号札を表示するシステムを採用していて、患者さんにも好評でした… 続きを読む >
院長 谷口 友則先生/長津田皮膚科 (神奈川)
[ 内科 ]

インターネットを
利用しない患者さんも
不平等感なく利用できる

院長 成瀬 清子先生
現在の場所に移転する前の診療所は待合室がとても狭く、数人でいっぱいになってしまいました。… 続きを読む >
院長 成瀬 清子先生/成瀬医院 (東京)
[ 耳鼻咽喉科 ]

診察スペースを
広く取れたことで
より診療しやすい環境に

医薬品卸担当者からの紹介がきっかけです。検討した結果、自分の理想とする耳鼻科の運用と最も… 続きを読む >
院長 杉山 博先生/すぎやま耳鼻咽喉科 (東京)
[ 小児科 ]

よく知っている
アイチケットだから
安心して依頼

院長 北川英子先生
元々、アイチケットはシンプルなところが気に入って導入しました。他社と比較すると、様々な機… 続きを読む >
院長 北川 英子先生 /土屋小児科 (栃木)

患者さまのクリニック
予約はこちらから >

お気軽にお問い合わせください

iTICKET Smart Cloudの
資料請求・デモ依頼・お問い合わせは
こちらから

お電話でのお問い合わせ:0120-92-5870(平日9:00~20:00)

アイチケット株式会社